内申点確保や入試対策を行なう塾でどの取り組みがいいか考えよう

成績向上

塾が取り組んでいる施策

個人の目標を達成させるための取り組む

生徒個人個人に目標を立てさせ、どのような努力を行なうのかを決める取り組みをしています。この取り組みは目標に向かってどのような事をするべきなのか、具体的なプランを生徒自信に決めさせることで自立の心を育てる効果があります。

子供を預かる上での防犯への取り組み

保護者から子供を預かり、勉強を教えることは塾として当たり前と言える取り組みです。しかし、勉強だけでなく通っている生徒の安全を確保するために防犯に力を入れていたり、子供が帰宅する場合には見送る独自の施策を行なうこともあります。そういったところなら、安心して通わせられるでしょう。

学力強化で合宿を行なっていることも

塾で勉強できる時間は限られています。しかし、夏休みや冬休みを利用して一泊二日などの学力強化合宿を行なう塾があります。この施策はただひたすら勉強をさせるのではなく、みんなで目標に向かって努力するといった団結を固めることが出来るのです。

社会奉仕に繋がる運動も行なっている

塾には、自販機が設置されていることが多く、その自販機の横には分別が行えるように専用のゴミ箱が設置されています。分別されたペットボトルのキャップなどは、ワクチンを作る募金に充てられ社会奉仕としての取り組みになっています。そのため、塾内でもこういった取り組みを積極的に行なっているところがあるでしょう。実際に意識を持って分別をしていくことで、子どもへ良い影響を与えられます。